天の川の前で自分だけの自分撮りが必要な場合は、実際にはそれほど難しくありません。必要なものは次のとおりです。優れた高ISOパフォーマンスを備えたDSLRカメラ。素早くシャープな広角レンズ。三脚。リモートカメラリリース。巨大なオープンなかなり暗いサイト。後処理用のLightroomまたはPhotoshop。勉強を続けてください。私がどのようにして天の川の自撮り写真を撮ったかを段階的に説明します。ステップ1:本当に暗い場所に移動して、これらすべての写真のためにニューメキシコのビスティ/デナジン荒野エリアにいた天の川を見つけます。薄暗いですが、近くの牧場から光害がありました。天の川が見えれば大丈夫です。どこを見ればよいかわからない場合は、Stellarium Mobile Sky Mapのような携帯電話プログラムが大いに役立ちました(そして星座を見つけるのも楽しいです)。天の川の位置は、一晩中空にあるように、今年の時期によって変わります。これらの写真のように天の川に面したシルエットが必要な場合は、自分自身と空に向かって撃つことができるように、立つための高いポイントを見つける必要があります。通常、月がない場合や月が沈んだ後でも、最高の写真を受け取ることができます。ステップ2:カメラをセットアップする天の川の写真を撮影するには、頑丈な三脚とリモートシャッターリリースが必要です。 Milky Way Presets jp (私はVello Wireless ShutterBossを使用しています。これは安価で信頼性が高く、周期経過間隔計としても使用できます。)カメラをセットアップしたら、レンズを集中させる必要があります。 2つの選択肢があります。自分に集中することも、夜空に集中することもできます。 (カメラからの距離と使用しているこのレンズの焦点距離に応じて、これは問題ではありません-レンズの過焦点距離を超えると、とにかく無限遠に焦点を合わせることになります)。自分に集中するには、写真を撮る可能性のある場所に立ち、懐中電灯を当て、カメラを半押しして通常の集中を行います。夜空に焦点を合わせるには、手動でレンズの焦点を無限遠に合わせるか、明るく遠くにあるもの(空や午後の早い時間帯など)に焦点を合わせることができます。天の川を撮影するのに十分な暗さになると、夜の遠くにあるものに焦点を合わせることができなくなります。そのため、これは1日の早い時間に行うことができます。レンズが集中したら、手動に切り替えます